様々な種類のシミ

女性の大敵とも言えるシミ。 一度出来てしまうと、なかなか消えずに、お困りではありませんか? そんなシミにも、種類がいくつかあるのをご存じでしょうか。 今回はシミの種類と特徴、原因、治療法と予防法をご紹介していきたいと思います。

まず初めに、老人性色素斑です。 これはシミの中で最もメジャーなタイプです。 紫外線を浴びる事で、肌が刺激を受けて出来てしまいます。 特に頬骨あたりが一番出来やすくなっています。

初期状態は薄いシミでも、そのまま放置しておく事で 徐々に濃いシミへと変化していきます。 主に30代に多くみられる症状です。

原因は、紫外線とエイジングです。 治療法は、初期状態であれば、美白化粧品を使用してケアしましょう。 長い間放置している状態のものは、レーザー治療をしなければ 綺麗にはなりません。

予防法は、日頃から、美白化粧品でケアを行う事です。 そうする事で、シミを出来にくくし、薄いシミも元通りになってきます。

次に肝斑です。 目の下周辺に、薄く大きなシミが出来るタイプです。 このタイプは、左右対称に出来やすくなっています。 目の下周辺だけでなく、額や鼻の下周りに出来る場合もあります。 妊娠中や、更年期、ピルを服用中に出来る傾向があります。

原因は、女性ホルモンのバランスを崩す事により出来やすくなります。 治療法は、こちらも美白化粧品が有効ですが レーザー治療は不向きとなっています。

予防法は、妊娠中や更年期の影響でホルモンバランスが変化する時に 美白化粧品を使用しましょう。

次に炎症性色素沈着です。 ニキビや傷などで肌に炎症反応があらわれ、 それが後に茶色いシミとなってそのまま残ってしまったタイプです。

原因は、まさにニキビや傷による炎症反応からくるものです。 治療法は、美白化粧品はもちろん、ピーリングも効果的となっています。

予防法は、肌へ刺激を与えない事です。 もしこのタイプのシミが出来ても、美白化粧品で改善する事も出来ます。

最後に、雀卵斑です。 俗に言う、そばかすと言うものです。 鼻や頬周辺に出来やすい。一般的な呼び名はそばかす。 白人種や、肌の色が白い人が出来やすい傾向があります。 これは、遺伝的な影響のものが多いタイプです。

よって、原因は遺伝です。 治療法は、レーザー治療を行います。 このタイプのシミは、美白化粧品の効果はほぼありません。

予防法も、遺伝が関係しているだけに、予防そのものがなかなか出来ません。 これらのシミが、一般的に知られているシミとなります。 それぞれの症状にあったケアで、 美白を目指していきましょう!