ビタミンCがもたらす美白効果など

美白と聞くと、ビタミンCを摂ると言うイメージがある人も多いのではないでしょうか。 そもそも、ビタミンCは、どういった成分なのか、ご存じですか?

ビタミンCの主な成分として メラニン生成の制御 抗酸化作用 コラーゲンの合成 肌細胞の修復、活性化など… 色々なものが挙げられます。

ビタミンCがもたらす効果は、確かにどれも魅力的ではありますが その中でも1つだけ欠点があるのです。 それは、ビタミンCと言う成分自体が、非常に壊れやすいものだと言う事です。

特に、ピュアビタミンCと言う純粋なビタミンCがあるのですが それに関しては、とても酸化されやすい性質を持っているので ビタミンCとしての効果も、保持されないようになっています。

また、ビタミンCは水溶性でもあり、その為脂が多い細胞膜だと ビタミンCの成分ほとんどが、通り抜けられないといった欠点もあります。

ただ、ピュアビタミンCは、通常のビタミンCとは違い、性質的にも一番濃厚で、効果も高いのですが 肌に浸透しなければ、効果も得られないので、意味がありませんよね。

そこで、ビタミンCの安定と浸透力を図り、新たに改良品種として誕生したのが ビタミンC誘導体と呼ばれるものです。 この誘導体が、今では美白化粧品には必要不可欠となっています。

さらに、ピュアビタミンCで最も有効的な成分とされるメラニン抑制の効果を最大限に活かす為に ビタミンCをナノ化する事で、浸透力をさらにアップさせている化粧品も販売されています。 ビタミンC自体、メラニン生成を抑えるといった効果があるので その分、シミが作られにくく、美白効果も期待されるのです。

また、皮膚や粘膜の健康維持を補う役目もあり、 抗酸化作用がある成分なので シミが出来にくくなるだけでなく、肌の弾力を作ったり、免疫力をアップして、風邪もひきにくくしてくれるのです。 さらに、対ストレスの抵抗力もアップさせる効果も持ち合わせています。

このように、様々なところで活躍するビタミンC。 日頃から是非積極的に摂ってみたいですよね。